エヴォルーショナリー・エコノミクス : 批評的序説

井上義朗 著

現代経済学のひとつの大きな潮流として定着してきた進化論的経済学(エヴォルーショナリー・エコノミクス)の本質を、幅広い理論的背景から追究し、可能性とともに思想的課題をも考察する、待望の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エヴォルーショナリー・エコノミクスとは何か
  • 第2章 「均衡」から「過程」へ-ネオ・オーストリアン(1)
  • 第3章 市場過程論の思考様式-ネオ・オーストリアン(2)
  • 第4章 レプリケータ・ダイナミクス-ネオ・シュンペータリアン(1)
  • 第5章 市場過程と技術革新-ネオ・シュンペータリアン(2)
  • 第6章 累積的因果系列論と経済政策-カルドアとEC加盟問題
  • 第7章 構造動学の可能性-生産性の脅威
  • 第8章 思想としてのエヴォルーショナリー・エコノミクス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エヴォルーショナリー・エコノミクス : 批評的序説
著作者等 井上 義朗
書名ヨミ エヴォルーショナリー エコノミクス : ヒヒョウテキ ジョセツ
書名別名 Evorushonari ekonomikusu
出版元 有斐閣
刊行年月 1999.12
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4641160848
NCID BA44613929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20029535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想