電気粘性(ER)流体の開発

小山清人 監修

基礎編-ER効果はどのようにして発生するか、それを測定するにはどのようにすればよいかをまとめている。材料編-最近のER流体を中心にして、これまでどのような考えのもとにER流体が開発されているかをまとめた。応用編-多くの応用例を取り上げ、現状と今後の可能性についてまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎編(ER効果とそのメカニズム
  • ER流体の物理的挙動
  • ER流体の評価・測定方法)
  • 材料編(総論-ER流体の種類と特徴
  • 含水系粒子分散型ER流体の開発例
  • 非含水系粒子分散型ER流体の開発例
  • 均一系ER流体の開発例
  • EMR流体とその特徴)
  • 応用編(総論-ER流体の応用
  • 応用研究の具体例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電気粘性(ER)流体の開発
著作者等 小山 清人
書名ヨミ デンキ ネンセイ ER リュウタイ ノ カイハツ
書名別名 Denki nensei ER ryutai no kaihatsu
出版元 シーエムシー
刊行年月 1999.11
版表示 普及版.
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 4882310481
NCID BA44612085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想