政策文化の人類学 : せめぎあうインドネシア国家とバリ地域住民

鏡味治也 著

バリ島社会の創造力。人びとは、近代国家に参入する過程でどう中央に向き合い、いかに自らの地位を確保しようとしたか-バリ島の「慣習村コンテスト」に、その創造的対応を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 政策と文化
  • 第1章 バリ島の地域社会
  • 第2章 インドネシアの国内政策とバリ島
  • 第3章 バリ人の国家参入の取り組み
  • 第4章 慣習組織コンテスト
  • 終章 国家と地域住民のつながり方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政策文化の人類学 : せめぎあうインドネシア国家とバリ地域住民
著作者等 鏡味 治也
書名ヨミ セイサク ブンカ ノ ジンルイガク : セメギアウ インドネシア コッカ ト バリ チイキ ジュウミン
書名別名 Seisaku bunka no jinruigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2000.1
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4790707954
NCID BA44585517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20076523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想