マグレブ紀行

川田順造 著

マグレブはアラビア語で「日の沈む国」を意味し、モロッコを中心に、ジブラルタル海峡を挾んでスペインと向いあったアフリカの一角である。ここはオリエント、オクシデント、アフリカの接点であり、また十五世紀に始まる、旧世界と新大陸との再会を準備した所でもある。本書は、アフリカ史を専攻する著者が、日本とは地球半周を隔てたこの地方への「旅」の見聞を語りながら、西洋近代や日本を再考しようとした、異色の紀行文である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オアシス(アルジェの一隅で
  • オアシス
  • 暁の声)
  • 第2章 マグレブの中のオリエント(チュニスの青年
  • ある喧騒
  • マグレブの中のオリエント)
  • 第3章 ベルベル国家を考える(西へ
  • ベルベル国家を考える)
  • 第4章 文化のフロンティア(文化のフロンティア
  • 赤い縞
  • サグレス岬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マグレブ紀行
著作者等 川田 順造
書名ヨミ マグレブ キコウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.10
版表示 復刻版.
ページ数 168p
大きさ 18cm
ISBN 4121702468
NCID BA44584219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想