アウトローの世界史

南塚信吾 著

広大なハンガリーの大平原。土埃舞うメキシコの山々。荒涼たるブラジルの大地。果てしないアメリカの大西部。アウトローと呼ばれる義賊たちは、こうした自然を舞台に、世界中を席巻しようとする資本主義の力と戦い、国民国家へ凝縮しようとする近代に抗った。義賊たちが担っていたのは、近代という大きな力に押しつぶされようとしていた人々の夢だった。義賊を中心に世界史を読み直し、教科書では決して読めない、人々の生活レベルからの世界史像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 義賊とはだれか
  • 長い16世紀-近代が生んだ義賊
  • 18世紀-民衆の正義の時代
  • 19世紀(近代への反抗
  • ハンガリーのベチャール
  • 新世界の義賊たち)
  • 20世紀-権力と義賊
  • 義賊の世界史の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウトローの世界史
著作者等 南塚 信吾
書名ヨミ アウトロー ノ セカイシ
書名別名 Autoro no sekaishi
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1999.12
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4140018747
NCID BA44583759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想