高橋是清 : 財政家の数奇な生涯

大島清 著

軍事予算の膨脹に抗し、二・二六事件で非業の死をとげた高橋是清は、それまでも昭和二年の金融恐慌や金解禁後の混乱の処理など難局のたびに引き出されて、財政家としての腕をふるった。原敬歿後に政友会総裁となり、子爵を投げうって護憲運動のため立候補し、功成って引退した後にである。名利を離れて、果断で現実的な「高橋財政」を行ない、凶弾に斃れた高橋は、政党政治から軍部独裁へ傾斜してゆく両大戦間期日本の証人である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 波瀾の時代
  • 2 政界への転出
  • 3 昭和金融恐慌
  • 4 金解禁と金輸出再禁止
  • 5 高橋財政

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高橋是清 : 財政家の数奇な生涯
著作者等 大島 清
書名ヨミ タカハシ コレキヨ : ザイセイカ ノ スウキナ ショウガイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.10
版表示 復刻版.
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 412170181X
NCID BA44582949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想