生体リズムと健康

川崎晃一 編

本書は、1998年11月に福岡で開催した第5回日本時間生物学会学術集会の市民公開講演会の講演内容を中心に、分かりやすく解説したものである。"時間生物学"が新しい分野であり、とくに時計遺伝子の問題は、現代医学の最先端を行く学問分野である。収録した論文は、比較的身近な問題を「時間」あるいは「リズム」の観点から捉えて解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序にかえて-生体リズムと健康
  • 2 生物時計と時計遺伝子
  • 3 胎児の時間生物学
  • 4 生体リズムと不登校(不出社)
  • 5 生体リズムと高血圧
  • 6 生体リズムと心臓病
  • 7 生体リズムと喘息
  • 8 生体リズムと時差ぼけ
  • 9 生体リズムとメラトニン-睡眠障害との関連で
  • 10 生体リズムと老化
  • 11 生体リズムと躁うつ病
  • 12 生体リズムと薬物療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体リズムと健康
著作者等 川崎 晃一
書名ヨミ セイタイ リズム ト ケンコウ
書名別名 Seitai rizumu to kenko
シリーズ名 健康の科学シリーズ 10
出版元 学会センター関西 : 学会出版センター
刊行年月 1999.12
ページ数 248p
大きさ 21cm
ISBN 4762229377
NCID BA44577880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20025667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想