システム制御のための知的情報処理

船橋誠壽, 吉原郁夫 著

知的情報処理の基礎と実問題への適用結果を述べる。これらは、著者らが日本のいくつかの大学で、学部上級や大学院の初級の学生向けに行ってきた講義録をまとめたものである。とくにここでは、伝統的なシステム制御技術との連続性を保つこと、できるだけ現実の問題に即して議論を展開するという2つの点に留意した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 システム制御を取り巻く問題
  • 2 人工知能技術の概要
  • 3 記号論理的な知の扱い
  • 4 不確かな知の扱い
  • 5 非明示的な知の扱い
  • 6 発展的な知の扱い
  • 7 コンピュテーショナル・インテリジェンスに向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 システム制御のための知的情報処理
著作者等 システム制御情報学会
吉原 郁夫
舩橋 誠壽
舩橋 誠寿
書名ヨミ システム セイギョ ノ タメノ チテキ ジョウホウ ショリ
書名別名 Shisutemu seigyo no tameno chiteki joho shori
シリーズ名 システム制御情報ライブラリー / システム制御情報学会 編 20
出版元 朝倉書店
刊行年月 1999.12
ページ数 169p
大きさ 22cm
ISBN 4254209800
NCID BA44566137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20025643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想