日本陸軍と中国 : 「支那通」にみる夢と蹉跌

戸部良一 著

陸軍「支那通」-中国スペシャリストとして、戦前の対中外交をリードした男たち。革命に共感をよせ、日中提携を夢見た彼らがなぜ、泥沼の日中戦争を用意してしまったのか。代表的支那通、佐々木到一たちの思想と行動をたどり、我が国対中政策失敗の原因を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 陸軍支那通とは何か
  • 第1章 陸軍支那通の誕生
  • 第2章 中国軍閥と支那通
  • 第3章 新支那通の登場
  • 第4章 ナショナリズムの相剋
  • 第5章 日中衝突
  • 終章 支那通の功罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本陸軍と中国 : 「支那通」にみる夢と蹉跌
著作者等 戸部 良一
書名ヨミ ニホン リクグン ト チュウゴク : シナツウ ニ ミル ユメ ト サテツ
書名別名 Nihon rikugun to chugoku
シリーズ名 講談社選書メチエ
出版元 講談社
刊行年月 1999.12
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062581736
NCID BA44553929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20023808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想