医者が末期がん患者になってわかったこと  続

岩田隆信, 岩田規子 著

夫が書けなかったこと、言えなかったこと-。前著『医者が末期がん患者になってわかったこと』を世に問うた後、奇跡を信じて受けた三回目の開頭手術以降の全記録。本人の口述をもとに看護に付き添う妻が書き継ぐ緊迫の同時ドキュメントの第二弾である。終末期をむかえた患者の実態を捉えた読み物として、また現代医療へのテーゼとして、読む者の心を揺さぶる、家族の闘いと看護の実録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新たなる闘いの始まり
  • 第2章 希望の光を求めて
  • 第3章 待ちに待った闘病記の出版
  • 第4章 自宅へ帰れる日
  • 第5章 一家水入らずの生活
  • 第6章 進みゆく症状
  • 第7章 最後の闘いへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医者が末期がん患者になってわかったこと
著作者等 岩田 規子
岩田 隆信
書名ヨミ イシャ ガ マッキ ガン カンジャ ニ ナッテ ワカッタ コト
書名別名 Isha ga makki gan kanja ni natte wakatta koto
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1999.9
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 4043479026
NCID BA44544407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20002123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想