遺伝子の時代の倫理

高橋隆雄 編

熊本大学生命倫理研究会の「遺伝子診療グループ」のメンバーによって執筆された本論集は、ヒト・ゲノムの解析が着々と進み、遺伝子診断や遺伝子治療、クローン技術が実用化してきている現在において、これらをめぐって生じつつある多くの倫理的難問に光を投じるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間と遺伝子の視点
  • 第2章 出生前検査・診断-その背景とわが国での現状
  • 第3章 「生命倫理」の課題としての「人の誕生」-出生前診断の問題から見えてくるもの
  • 第4章 遺伝子治療の現状-エイズ遺伝子治療の申請から中止まで
  • 第5章 クローン技術
  • 第6章 ヒト・クローン作製をめぐる倫理的諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子の時代の倫理
著作者等 高橋 隆雄
書名ヨミ イデンシ ノ ジダイ ノ リンリ
書名別名 Idenshi no jidai no rinri
シリーズ名 熊本大学生命倫理研究会論集 1
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1999.11
ページ数 247p
大きさ 22cm
ISBN 4873786096
NCID BA44529695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想