久米邦武文書  2

久米邦武 著 ; 久米美術館 編

久米邦武は物理の基礎から鉄鋼・陶磁の技術まで広く学習し、要旨と所見を筆記し続けた。筆記内容は『米欧回覧実記』の叙述に通じる点で意義深いが、近代日本の科学技術の底流を伝える情報源としても貴重である。度量衡・経済にまで亙る手稿類を解読、類別した初公開の史料集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『物理学』訳編稿
  • 2 地球考
  • 3 物象考
  • 4 資源考
  • 5 陶磁考
  • 6 農事考
  • 7 度量衡考
  • 8 経済起源考
  • 9 自主論稿
  • 10 蘭学者伝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 久米邦武文書
著作者等 久米 邦武
久米美術館
高田 誠二
書名ヨミ クメ クニタケ モンジョ
巻冊次 2
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.1
ページ数 340, 24, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4642013628
NCID BA44528772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20038102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想