規範と形式

エルンスト・H.ゴンブリッチ [著] ; 岡田温司, 水野千依 訳

本書は、『シンボリック・イメージ』とともに、著者のルネサンス研究の集大成のひとつをなすもので、その美術史学のいわば出発点を画する重要な著作である。芸術家の創造性がある環境のなかでのみ展開できるということ、この環境は結果として生み出される芸術作品に多大な影響を及ぼすということが示されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 芸術の発展に関するルネサンスの概念とその影響
  • 第2章 アポロニオ・ディ・ジョヴァンニ-ユマニスト詩人の目を通して見たフィレンツェのカッソーネ工房
  • 第3章 ルネサンスと黄金時代
  • 第4章 芸術のパトロンとしての初期メディチ家
  • 第5章 レオナルドの構図作成法
  • 第6章 ラファエッロの"椅子の聖母"
  • 第7章 規範と形式-美術史の様式的カテゴリーとルネサンス的理想におけるその起源
  • 第8章 マニエリスム-その歴史記述の背景
  • 第9章 ルネサンスの芸術理論と風景画の勃興
  • 第10章 「古代風」様式:模倣と同化
  • 第11章 模倣に関するレノルズの理論と実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 規範と形式
著作者等 Gombrich, E. H.
Gombrich, Ernst Hans
岡田 温司
水野 千依
Gombrich Ernst H.
ゴンブリッチ エルンスト・H.
書名ヨミ キハン ト ケイシキ : ルネサンス ビジュツ ケンキュウ
書名別名 Norm and form

ルネサンス美術研究
出版元 中央公論美術
刊行年月 1999.11
ページ数 384p
大きさ 25cm
ISBN 4805503475
NCID BA44474072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20036543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想