大坂時代と秀吉

脇田修 著

大和、奈良、鎌倉、室町、江戸など、当時の政権の所在地によって、時代区分の呼称が決められてきた。しかし、豊臣秀吉の時代は、安土・桃山時代とされてきたが、実際には秀吉は大坂城で政務を執っていたのだったが…。秀吉の時代を「大坂時代」に!著名歴史家の一提言。あわせて、活気あふれる大阪の歴史を詳述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大坂時代の提唱
  • 第2章 大坂への道
  • 第3章 大坂の建設
  • 第4章 関白政権
  • 第5章 近世という社会
  • 第6章 朝鮮侵略
  • 第7章 文化の高揚
  • 第8章 豊臣家の悲劇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大坂時代と秀吉
著作者等 脇田 修
書名ヨミ オオサカ ジダイ ト ヒデヨシ
書名別名 Oosaka jidai to hideyoshi
シリーズ名 小学館ライブラリー 127
出版元 小学館
刊行年月 1999.10
ページ数 260p
大きさ 16cm
ISBN 4094601279
NCID BA44472215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20002173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想