十七世紀イギリスの文書と革命

クリストファー・ヒル 著 ; 小野功生, 圓月勝博, 箭川修 訳

イングランド史における最大の転換点として17世紀を位置づける史観から、革命前後の政治と経済、宗教、思想、文学、庶民生活などを詳細に考究したC.ヒルのライフワーク。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 序論
  • 第2部 散文
  • 第3部 七人の詩人
  • 第4部 二人の日記作家
  • 第5部 二人の急進的王党派
  • 第6章 いくつかの結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十七世紀イギリスの文書と革命
著作者等 Hill, Christopher
円月 勝博
小野 功生
箭川 修
ヒル クリストファー
書名ヨミ ジュウシチセイキ イギリス ノ ブンショ ト カクメイ
書名別名 Writing and revolution in 17th century England
シリーズ名 クリストファー・ヒル評論集 1
叢書・ウニベルシタス 1
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1999.12
ページ数 499, 74, 24p
大きさ 20cm
ISBN 4588006541
NCID BA44431579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想