日本の近代技術はこうして生まれた : 産業遺産をヒントに考える

馬渕浩一 著

技術立国ニッポンの誕生。明治における近代国家建設や戦争を契機とした産業基盤の整備、第2次大戦後の経済発展において重要な役割を果たしてきた産業技術。近代技術の形成に技術者はどう取り組み、国家はどのように関与したのか、産業遺産を尋ねながら読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代化の助走
  • 第2章 先進技術の導入と外国人技術者
  • 第3章 邦人技術者の誕生
  • 第4章 日本の産業革命と二つの世界大戦
  • 第5章 戦後の発展
  • 終章 21世紀への処方箋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の近代技術はこうして生まれた : 産業遺産をヒントに考える
著作者等 馬淵 浩一
書名ヨミ ニホン ノ キンダイ ギジュツ ワ コウシテ ウマレタ : サンギョウ イサン オ ヒント ニ カンガエル
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1999.11
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4472400510
NCID BA44373417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20016570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想