後醍醐天皇と建武政権

伊藤喜良 著

十四世紀、時代の転換期に歴史の舞台に登場した後醍醐天皇。東アジア世界の激動をみすえながら、日本中世史で特異な位置を占める後醍醐天皇と建武政権の成立から解体までを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 建武政権成立の歴史的前提
  • 第2章 陰謀から討幕へ
  • 第3章 建武政権の一年
  • 第4章 新政権の中央と地方
  • 第5章 矛盾と批判
  • 第6章 落日の日々
  • 終章 変転する建武政権の評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後醍醐天皇と建武政権
著作者等 伊藤 喜良
書名ヨミ ゴダイゴ テンノウ ト ケンム セイケン
シリーズ名 新日本新書
出版元 新日本出版社
刊行年月 1999.10
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4406026851
NCID BA44360415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20043517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想