ソーシャルワーカーの役割と機能 : アメリカのソーシャルワーカーの現状

マーガレット・ジベルマン 著 ; 日本ソーシャルワーカー協会 訳 ; 仲村優一 監訳

本書では、15万人を超えるNASW協会会員が、どういう領域で、どういう仕事をしているのか、その役割と機能が、事例などを豊富に使って、きわめて具体的に生き生きと紹介されている。今日、日本の介護保険や社会福祉基礎構造改革論議の中で大きな話題となっているケアマネージメントや地域福祉の推進は、アメリカでは1970年代以降、多くのソーシャルワーカーが、特に精神保健の分野でケースマネージャーとなり、それがケースワークともつながって、ソーシャルワークの一環をなすものとして実現していったのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 精神保健
  • 第2部 子どもと家庭
  • 第3部 保健医療
  • 第4部 学校
  • 第5部 高齢者ソーシャルワーク
  • 第6部 薬物乱用
  • 第7部 その他のサービス
  • 第8部 マクロ実践
  • 第9部 未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャルワーカーの役割と機能 : アメリカのソーシャルワーカーの現状
著作者等 Gibelman, Margaret
仲村 優一
日本ソーシャルワーカー協会
ジベルマン マーガレット
書名ヨミ ソーシャル ワーカー ノ ヤクワリ ト キノウ : アメリカ ノ ソーシャル ワーカー ノ ゲンジョウ
書名別名 What social workers do
出版元 日本ソーシャルワーカー協会 : 相川書房
刊行年月 1999.10
ページ数 288p
大きさ 26cm
ISBN 4750102660
NCID BA44344510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20084392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想