笑いが心を癒し、病気を治すということ

井上宏 著

私たちの体がつくり出す「笑いというクスリ」が、免疫力を高め、さらに自己治癒力を強めて病気を治してくれることは、医学的にも認められ、ますます注目されている。また、笑いには、「親和作用」「誘因作用」「浄化作用」「解放作用」などがあり、対人関係を滑らかにし、社会の毒素を浄化する大きな力がある。日本笑い学会・会長である著者は、何かと不景気風が吹き、閉塞感が漂う今こそ笑いの力を見直すべきであると語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒトは笑ってこそ「人間」(人間は笑う生きもの
  • 笑う機能は、人間がもつ自然な能力
  • 笑うのは人間だけだろうか ほか)
  • 第2章 笑えば人も社会も元気になる(コミュニケーションとしての笑い
  • 笑いのジェスチャー
  • 「朝は気分よく笑って出んとあきまへん」 ほか)
  • 第3章 病気を治す笑いの力(難病をビタミンCと笑いで治したノーマン・カズンズ
  • 患者を元気にするユーモア会話
  • 笑いが患者にもたらす不思議な効用 ほか)
  • 第4章 社会の毒素を笑い飛ばして元気になろう(社会の毒素を吹き飛ばす諷刺の笑い
  • 権威に悪態をつこう
  • 王様を笑い飛ばす道化師 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑いが心を癒し、病気を治すということ
著作者等 井上 宏
書名ヨミ ワライ ガ ココロ オ イヤシ ビョウキ オ ナオス ト ユウ コト
書名別名 Warai ga kokoro o iyashi byoki o naosu to yu koto
出版元 素朴社
刊行年月 1999.11
ページ数 179p
大きさ 19cm
ISBN 4915513491
NCID BA44338198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想