なぜ日本では臓器移植がむずかしいのか : 経済・法律・倫理の側面から

須藤正親, 池田良彦, 高月義照 著

著者たちは「日本では脳死からの臓器移植がなぜむずかしいのか」というテーマのもとに、経済的視点・法的視点・倫理的視点の三点から、日本の現状を探ることにした。これらの調査研究から明らかになったことは、脳死臓器移植の実施には、経済的にも法的にも倫理的にも、あまりに多くの難問が横たわっているということである。図らずも三人の研究報告は、視点は違ってもほぼ一致した結論になった。脳死臓器移植が日本において普及する可能性は極めて少ない。それならば、医学と医療技術者とは脳死者を前提としない別の医療技術の研究に努力した方が賢明である、というのがその結論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 臓器移植の経済(医療産業の現状
  • 増大する国民医療費
  • 臓器移植とその費用 ほか)
  • 第2部 移植医療と医の法律学(移植医療と死の判定基準
  • 臓器移植法制定の意味
  • 患者の自己決定権と死の選択)
  • 第3部 日本人の死生観と臓器移植の倫理(死の哲学(自己にとっての自己の死)
  • 死の習俗(自己にとっての他者の死)
  • 死の科学(他者にとっての他者の死) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ日本では臓器移植がむずかしいのか : 経済・法律・倫理の側面から
著作者等 池田 良彦
須藤 正親
高月 義照
書名ヨミ ナゼ ニホン デワ ゾウキ イショク ガ ムズカシイノカ : ケイザイ ホウリツ リンリ ノ ソクメン カラ
書名別名 Naze nihon dewa zoki ishoku ga muzukashiinoka
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1999.3
版表示 第1版第2刷
ページ数 234p
大きさ 21cm
ISBN 4486014723
NCID BA40789887
BA44326235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99077083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想