中東和平への道

臼杵陽 著

中東和平への道は決して平坦ではなかった。オスロ合意後、ようやく中東和平がみえはじめた。が、合意以降の和平プロセスは真の解決への道筋をつけたのか。東方問題、パレスチナ問題、アラブ・イスラエル紛争、そして中東戦争へと発展し、米ソ冷戦と湾岸戦争という「二つの戦後」をむかえて和平を取り巻く状況は急変した。イェルサレム、パレスチナ難民、ユダヤ人入植地など残されている課題は多い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中東とはどこか
  • 1 中東という地域概念
  • 2 中東の歴史的構造
  • 3 アラブ・イスラエル紛争の展開
  • 4 アラブ・イスラエル紛争の変質
  • 5 中東和平はどこに行くのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中東和平への道
著作者等 臼杵 陽
書名ヨミ チュウトウ ワヘイ エノ ミチ
書名別名 Chuto wahei eno michi
シリーズ名 世界史リブレット 52
出版元 山川出版社
刊行年月 1999.11
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 463434520X
NCID BA44305723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想