グローバリゼーションと世界社会

T.スパイビ 著 ; 岡本充弘 訳

本書の内容は、簡潔に要約すれば、グローバリゼーションの過程というものは、一方的な西欧化や、アメリカ化の過程ではなく、グローバル化に含み込まれていく地域や人々の能動的な反作用からの影響を採り入れた相互反映的なものである、ということにある。グローバリゼーションの進行という圧倒的な現実を認めながらも、著者はそれに統合されつつある地域や人々のポジティヴな関与という側面からも、グローバリゼーションの問題を理解しようとつとめている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1章 ヨーロッパの地球観
  • 第2章 大衆社会とアメリカの夢
  • 第3章 国民国家システムのなかの市民
  • 第4章 グローバルエコノミーにおける生産者・消費者
  • 第5章 グローバルなコミュニケーションシステムのなかの観衆
  • 第6章 世界秩序のなかの兵士
  • 第7章 グローバルな社会運動
  • 結論 個人的なものとグローバルなもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと世界社会
著作者等 Spybey, Tony
岡本 充弘
スパイビ T.
書名ヨミ グローバリゼーション ト セカイ シャカイ
書名別名 Globalization and world society
出版元 三嶺書房
刊行年月 1999.11
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 4882941236
NCID BA44304935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20106649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想