シェイクスピアのアナモルフォーズ

蒲池美鶴 著

ホルバインの『大使達』を全く新しい角度から読み解く方法を、シェイクスピアをはじめとするエリザベス朝演劇の解釈に応用した画期的な論集。作品中で不思議な印象を与える1つの言葉やイメージの徹底的な分析を通して、マーロウ、ターナー、ウェブスター、そしてシェイクスピアの演劇が持っている重層的なイメージを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アナモルフォーズとパースペクティブ
  • 第1章 隠された薔薇十字-『大使達』のアナモルフォーズ
  • 第2章 「ゆるやかに駆けよ夜の馬」-『フォースタス博士』の観客達
  • 第三章 仮面のアナモルフォーズ-『復讐者の悲劇』と「死の舞踏」
  • 第4章 マンドラゴラの変貌-『モルフィ公爵夫人』の劇中仮面劇
  • 第5章 鏡と影-『モルフィ公爵夫人』の演出法
  • 第6章 アナモルフォーズの箱-ソネット二四番と『エドワード六世の肖像』
  • 第7章 空の鏡-『リチャード二世』と「悲しみの影」
  • 第8章 「眠りがその眼を…」-『トロイラスとクレシダ』に潜む怪物達
  • 第9章 「罪」のアナモルフォーズ-『マクベス』と「緑の海」
  • 第10章 「その名がグレイスであれば…」-『冬物語』再考
  • 第11章 「名前の中に何がある?」-ハーマイオニと『冬物語』におけるヘルメス主義の伝統
  • 第12章 「その眼は今や真珠となる」-シェイクスピアのホログラフィックな想像力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアのアナモルフォーズ
著作者等 蒲池 美鶴
書名ヨミ シェイクスピア ノ アナモルフォーズ
書名別名 Sheikusupia no anamorufozu
出版元 研究社
刊行年月 1999.11
ページ数 292p
大きさ 21cm
ISBN 4327471933
NCID BA44247401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20016556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想