環境と歴史

石弘之 ほか編

本書は1997年6月の第9回相関社会科学シンポジウム『環境と歴史』の成果をもととして、編集されたものである。各パネリストが、当日の議論を踏まえて、より問題を深める形で執筆し、また依頼・公募を含めて、多様な分野から、それぞれの視点より見た「環境と歴史」に関する論文を掲載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いまなぜ環境史なのか
  • 環境と歴史-環境史学を求めて
  • 古代文明と環境-イラン高原・アラビア湾岸における非農耕文明
  • 農耕と生態系-「稲作前後」の生態系
  • 森のシンプリフィケーション-タイ国の場合
  • 人間・環境系としての植生の復元と空間スケール-化石花粉はどこから飛んできたのか
  • 縄文土器の起源と環境変動
  • 二上山の姿-自然・歴史・文学を通して
  • 日本史における開発と環境修復
  • 近世都市江戸の環境問題-溜池の開発と維持管理を中心に
  • 東京市区改正以前の屎尿処理対策-牛込区街頭便所掃除人中村亀太郎の動向を中心に
  • 開発と保存-戦前期の史蹟名勝天然記念物制度の場合
  • 獣害問題の環境史-共的関係の構築への課題
  • 安藤昌益の知的遺産-その覚え書き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境と歴史
著作者等 安田 喜憲
樺山 紘一
石 弘之
義江 彰夫
書名ヨミ カンキョウ ト レキシ
書名別名 Kankyo to rekishi
シリーズ名 ライブラリ相関社会科学 / 樺山紘一 ほか監修 6
出版元 新世社 : サイエンス社
刊行年月 1999.11
ページ数 276p
大きさ 21cm
ISBN 4883840077
NCID BA44246963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20017895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想