大学改革 : 1945~1999

大崎仁 著

新制大学発足から50年、大学の改革が問題とされないときはなかった。問題の多くは、新制大学を生み出した戦後占領下の責任主体なき改革に起因する。謎多き戦後改革の過程を解明し、激動期にある現在までの改革を跡づける、迫力ある大学改革の通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 占領下の改革と新制大学の形成(占領下改革の背景
  • 新制大学一元化過程の謎
  • 日本教育家委員会の改革案
  • 教育刷新委員会の論議と新制大学の法制化 ほか)
  • 第2部 独立回復後の大学改革と大学像の模索(独立後の改革見直し
  • 大衆化の進行
  • 「大学紛争」
  • 大学紛争の収拾と改革の動き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学改革 : 1945~1999
著作者等 大崎 仁
書名ヨミ ダイガク カイカク : 1945 1999
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1999.11
ページ数 350, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4641280274
NCID BA4419311X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想