オスカー・ワイルドの生涯 : 愛と美の殉教者

山田勝 著

貴族趣味、個性の演出、閑暇、美的生活-ダンディズムを標榜したワイルドは、紳士と階級の国イギリスで時代の寵児になり、同性愛の告発によって永久追放の身になり果てた。罠にはめられた「国家の敵」ワイルド。そして百年後、二十世紀末に文豪として公式に復活する。ヴィクトリア時代の偽善的道徳と効率主義を軽蔑し、愛の純粋性と自由と美を求めた。ワイルドの生涯とその時代を新資料で読み直す好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アイルランド時代
  • 2 オクスフォード大学のワイルド
  • 3 ロンドン
  • 4 アメリカのワイルド
  • 5 パリのワイルド
  • 6 結婚と二人の子供
  • 7 栄光への道
  • 8 絶頂期のワイルド
  • 9 オスカー・ワイルド裁判
  • 10 獄中のワイルド
  • 11 出獄と新生活
  • 12 たそがれの放浪と最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスカー・ワイルドの生涯 : 愛と美の殉教者
著作者等 山田 勝
書名ヨミ オスカー ワイルド ノ ショウガイ : アイ ト ビ ノ ジュンキョウシャ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1999.11
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4140018739
NCID BA44180763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20017853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想