言論の自由はガラスの城か

清水英夫 著

行き過ぎた報道にブレーキはかけられるのか?またその方策は?報道の自由と人権との調和に心を砕いてきた著者が、マスコミ倫理のあり方を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代におけるメディアの自由と責任
  • 2 放送の自由と規制
  • 3 放送と人権
  • 4 マスメディアと青少年
  • 5 表現の自由の規制と憲法
  • 6 マスコミをめぐる法と倫理の状況-メディア・クロノロジ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言論の自由はガラスの城か
著作者等 清水 英夫
書名ヨミ ゲンロン ノ ジユウ ワ ガラス ノ シロ カ : マス メディア ノ ジユウ ト セキニン
書名別名 マスメディアの自由と責任

Genron no jiyu wa garasu no shiro ka
出版元 三省堂
刊行年月 1999.10
ページ数 193p
大きさ 20cm
ISBN 4385321175
NCID BA4417904X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想