世界美術大全集  東洋編 第11巻

菊竹 淳一;吉田 宏志【編】

儒教的倫理観を象徴する純白の白磁、戦乱の日本に運ばれ高麗茶碗として珍重された雑器たち、「虎鵲図」に見られる気どらない暖かみのある民画、見る者の心を癒す朝鮮王朝の心に触れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 朝鮮王朝美術の特質
  • 第1章 絵画と書
  • 第2章 建築
  • 第3章 仏教美術
  • 第4章 陶磁器
  • 第5章 工芸
  • 第6章 服飾
  • テーマ特集 秋史 金正喜の生涯と芸術
  • 作品解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術大全集
著作者等 吉田 宏志
菊竹 淳一
書名ヨミ セカイ ビジュツ ダイゼンシュウ
書名別名 朝鮮王朝

New history of world art
巻冊次 東洋編 第11巻
出版元 小学館
刊行年月 1999.12
ページ数 454p
大きさ 38cm
ISBN 4096010618
NCID BA44178852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20023710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
朝鮮王朝 菊竹 淳一, 吉田 宏志
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想