ポピュラー芸術の美学

R.シュスターマン 著 ; 秋庭史典 訳

シェイクスピアもオペラも当初はポピュラーだった。ラップの分析etc.を通し、高級/ポピュラー、本物/偽物、純粋/不純の区分を退け、アートを経験と捉えて生の全体へと拡張する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 芸術と理論、経験と実践のあいだ
  • 2 美学イデオロギー、美的教育、批評における芸術の価値
  • 3 フォルムとファンク-ポピュラー芸術の美的挑戦
  • 4 ラップの芸術
  • 5 ポストモダンの倫理学と生の技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポピュラー芸術の美学
著作者等 Shusterman, Richard
秋庭 史典
シュスターマン R.
書名ヨミ ポピュラー ゲイジュツ ノ ビガク : プラグマティズム ノ タチバ カラ
書名別名 Kunst leben. (抄訳)

プラグマティズムの立場から
出版元 勁草書房
刊行年月 1999.11
ページ数 274, 42p
大きさ 20cm
ISBN 4326851651
NCID BA44168043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20016285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想