四千万人を殺したインフルエンザ : スペイン風邪の正体を追って

ピート・デイヴィス 著 ; 高橋健次 訳

1918年、第1次大戦のさなか、「風邪」が世界を席巻した。全米の犠牲者は戦死者数を上回り、日本でも38万人が死亡。住民が全滅し、地図からその名が消えた町もあった。このおそるべきインフルエンザウイルスを追って、1998年、調査団が極北の墓所へ向かった。永久凍土に埋葬された遺体の胸からウイルスを採取しようというのだ。しかし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 香港でのちょっとしたできごと
  • 第2章 新種の疫病
  • 第3章 いのちのきわに
  • 第4章 凍てつく海岸
  • 第5章 ストレスは極限に
  • 第6章 敬意と厳粛さ
  • 第7章 生命のことば
  • 第8章 3000ドルとシャベル
  • 第9章 おそろしく屈辱的なもの
  • 第10章 プラグ・ドラッグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四千万人を殺したインフルエンザ : スペイン風邪の正体を追って
著作者等 Davies, Pete
高橋 健次
デイヴィス ピート
書名ヨミ ヨンセンマンニン オ コロシタ インフルエンザ : スペイン カゼ ノ ショウタイ オ オッテ
書名別名 Catching cold

Yonsenmannin o koroshita infuruenza
出版元 文藝春秋
刊行年月 1999.11
ページ数 382p
大きさ 20cm
ISBN 4163557903
NCID BA44151040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20013961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想