ミシェル・フーコー思考集成  4

ミシェル・フーコー 著 ; 蓮實重彦, 渡辺守章 監修 ; 小林康夫, 石田英敬, 松浦寿輝 編

ラディカルな問いかけ疾走しつづける思考。哲学者ミシェル・フーコーは行動する。「監獄情報グループ」の活動をめぐる政治的発言をたて軸として、ドゥルーズとの歴史的対話「知識人と権力」、「デリダへの回答」、「ニーチェ、系譜学、歴史」など、密度の高いテクストが紡がれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ニーチェ、系譜学、歴史(伊藤晃訳)
  • ミシェル・フーコーとの対談(慎改康之訳)
  • GIP(監獄情報グループ)の宣言書(大西雅一郎訳)
  • 監獄について(大西雅一郎訳)
  • 監獄についての調査、沈黙の鉄格子を打ち破ろう(大西雅一郎訳)
  • ミシェル・フーコーとの対話(大西雅一郎訳)
  • 監獄は到る所にある(大西雅一郎訳)
  • 序文(大西雅一郎訳)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシェル・フーコー思考集成
著作者等 Foucault, Michel
伊藤 晃
小林 康夫
松浦 寿輝
渡辺 守章
石田 英敬
蓮実 重彦
フーコー ミシェル
書名ヨミ ミシェル フーコー シコウ シュウセイ
書名別名 Dits et écrits

規範/社会 : 1971-1973
巻冊次 4
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.11
ページ数 499p
大きさ 22cm
ISBN 4480790241
NCID BA44146641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20024394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想