図説日本広告千年史 : 古代・中世・近世編

大伏肇 著

日本の広告千年の歴史を回顧して、古代・中世・近世の三つの時代に区分し、それぞれの時代の中から代表的な広告を選出して、解説を加えたもの。索引付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代編(広告成立の基礎
  • 古代の情報コミュニケーション
  • 政令広告の発生
  • 庶民広告の発生)
  • 2 中世編(配り札広告の発生
  • 音声広告の発生
  • 広告媒体の成立)
  • 3 近世編(江戸の広告媒体
  • 江戸の商標
  • 江戸の音声広告)
  • 4 結語(広告の系譜
  • 「広告」の文字・第一号
  • 広告の特質
  • 広告の効果
  • 広告-簡潔と直観)
  • 5 資料編(七十一番職人歌合(前田本)
  • 医薬品広告貼込帳、七十五日
  • 古今名家 戯文集(引札コピー集
  • 吉原細見記
  • 白木屋看板展、明治看板展
  • 現代に生きる江戸の老舗
  • 明治の引札・紙看板・おまけ紙
  • 江戸の物価アラカルト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説日本広告千年史 : 古代・中世・近世編
著作者等 大伏 肇
書名ヨミ ズセツ ニホン コウコク センネンシ : コダイ チュウセイ キンセイヘン
書名別名 日本の広告表現千年の歩み

Zusetsu nihon kokoku sennenshi
出版元 日本図書センター
刊行年月 1999.11
ページ数 393p
大きさ 31cm
ISBN 4820526952
NCID BA44130914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20012445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想