茶の湯の文化史 : 近世の茶人たち

谷端昭夫 著

茶の湯は、日本を代表する伝統文化である。それはいかに生まれ今日に定着したのであろうか。利休の創造したわび茶を起点に、江戸時代の大名・豪商・公家による茶の展開と到達点を、茶人を通して描いた一大文化絵巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 茶の湯の前史
  • 織田信長から千利休へ
  • 江戸時代の茶の湯
  • 茶の湯の展開
  • 茶の湯の到達
  • 近代茶道への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶の湯の文化史 : 近世の茶人たち
著作者等 谷端 昭夫
書名ヨミ チャノユ ノ ブンカシ : キンセイ ノ チャジンタチ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 82
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.12
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 4642054820
NCID BA44125018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20047881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想