平安時代

保立道久 著

七九四年に桓武天皇が平安京に都を定めてより四百年、地方での荘園制の発達を土台に、優美な王朝の栄華をほしいままにした都の宮廷貴族たち-。しかし、彼らの日常は、次々に起きる大小さまざまな政争や権力闘争に日夜明け暮れるものだった。本巻は天皇や皇女貴族の日常を軸に、平安四百年の時代の真実にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 桓武王統と平安王権の原型-9世紀(桓武の兄弟・妻・子供
  • 嵯峨・淳和の迭立と危機 ほか)
  • 第2章 桓武王統の再出発と王統分裂-10世紀(宇多・醍醐と菅原道真
  • 承平天慶の乱・安和の変と王統分裂 ほか)
  • 第3章 王統の統一と道長・後三条-11世紀(王統分裂と摂関家
  • 宮廷の爛熟と院政の形成 ほか)
  • 第4章 院政と内乱の時代-12世紀(白河院-「不義」なる王権
  • 鳥羽院-融和の挫折と武闘 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安時代
著作者等 保立 道久
書名ヨミ ヘイアン ジダイ
書名別名 Heian jidai
シリーズ名 日本の歴史 3
岩波ジュニア新書 3
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.11
ページ数 193, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4005003338
NCID BA44124525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20021844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想