毛沢東最後の女

京夫子 著 ; 船山秀夫 編訳

毛沢東が波瀾に満ちた生涯で、「同志関係」を越えた女性の数は"長江の鮒の数より多かった"とされる。しかし権力闘争の総仕上げともいうべき晩年、ぴったりと彼につき添っていたのはたった一人の無名の女だった。毛沢東の女性関係にとどまらず、中華人民共和国成立後から彼が死去し、四人組が逮補されるまでの党中央のすさまじい闘争を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最初の結婚
  • 初恋
  • 「蝶恋花」
  • 紅軍美女賀子珍
  • 呉広恵小姐の謎
  • 女優藍蘋
  • 周恩来の養女孫維世
  • 騒ぎの主は誰だ?
  • 張毓鳳をさがせ!
  • 小さな折り畳みベッド〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 毛沢東最後の女
著作者等 京夫子
船山 秀夫
書名ヨミ モウ タクトウ サイゴ ノ オンナ
書名別名 Mo takuto saigo no onna
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.11
ページ数 382p
大きさ 16cm
ISBN 4122035384
NCID BA44121403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20028519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想