戦国軍記の研究

笹川祥生 著

本書は、多くの戦国の記録が、いかなる理由で、いかなる基盤から世の中に送り出されたか、ということについて考察する。戦国軍記が、次第に変容して行く状況をまず考察。ついで、これらの作品は、いかなる視点、あるいは立場から執筆されたか、という課題につき検討。応仁の乱の始まった応仁元年(一四六七)から、元和元年までを扱う。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 戦国軍記序説-それはなぜ書かれたか(令名の記録
  • 戦国軍記の形成と終焉)
  • 第2章 戦国軍記執筆の視点(軍記のなかの地方
  • 地方性の主張-『石見軍記』考
  • 現実直視の姿勢-『中州軍記』考
  • 批評精神-『朝倉始末記』考
  • 若者への思い-『浅井物語』から『浅井三代記』へ
  • 甫庵の嘆き-『信長記』執筆の意図)
  • 第3章 戦国軍記から近世の軍書へ(近世の軍書と執筆の時期
  • 『甲陽軍鑑』から『武田三代軍記』へ-先行作と継承作
  • 『石田軍記』と『北条五代記』-賛辞の行間
  • 『北条九代記』論-「今」を「昔」に包み込むこと)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はじめに / p1
  • 第一章 戦国軍記序説-それはなぜ書かれたか- / p3
  • 一、命名の記録 / p3
  • 二、戦国軍記の形成と終焉 / p23
  • 第二章 戦国軍記執筆の視点 / p103
  • 一、軍記のなかの地方 / p103
  • 二、地方性の主張-『石見軍記』考- / p117
  • 三、現実直視の姿勢-『中州軍記』考- / p142
  • 四、批評精神-『朝倉始末記』考- / p161
  • 五、若者への思い-『浅井物語』から『浅井三代記』へ- / p182
  • 六、甫庵の嘆き-『信長記』執筆の意図- / p202
  • 第三章 戦国軍記から近世の軍書へ / p223
  • 一、近世の軍書と執筆の時期 / p223
  • 二、『甲陽軍鑑』から『武田三代軍記』へ-先行作と継承作- / p236
  • 三、『石田軍記』と『北条五代記』-賛辞の行間- / p252
  • 四、『北条九代記』論-「今」を「昔」に包み込むこと- / p267
  • おわりに / p291
  • 初出一覧 / p293
  • あとがき / p296
  • 書名索引 / p305

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦国軍記の研究
著作者等 笹川 祥生
書名ヨミ センゴク グンキ ノ ケンキュウ
書名別名 Sengoku gunki no kenkyu
出版元 和泉書院
刊行年月 1999.11
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4757600070
NCID BA4411329X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想