生殖ジェネティックス : ART向上のための遺伝子学

鈴木秋悦 ほか編

本書には、生殖医学における分子生物学・遺伝子学の基本から最先端の研究、そしてPCRなどの技術を応用した臨床診断法を組み入れた。さらに、将来展望としては、クローン、内分泌攪乱化学物質、精巣内DNA注入法などの話題について、第一線の研究者に執筆をお願いした。さらに、Special IssueとしてJan Tesarik博士からの寄稿を掲載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Research & Review(精巣遺伝子
  • 卵巣発育・卵巣機能に関与する遺伝因子 ほか)
  • Clinics(排卵現象にジェネティックスはどう関与しているか
  • 無精子症とY染色体異常 ほか)
  • Technique & Practice(生殖ジェネティックスのためのラボワーク
  • 着床前診断におけるCell recycling法 ほか)
  • Future Prospect(ジェネティックスとクローン
  • 内分泌攪乱化学物質とジェネティックス ほか)
  • Special Issue(精子への生殖補助技術に伴う遺伝学的側面)
  • Topics & Meetings(第5回国際GnRHアナログシンポジウム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖ジェネティックス : ART向上のための遺伝子学
著作者等 鈴木 秋悦
久保 春海
神崎 秀陽
宮川 勇生
書名ヨミ セイショク ジェネティックス : ART コウジョウ ノ タメノ イデンシガク
書名別名 Seishoku jenetikkusu
シリーズ名 Modern reproductive medicine 3
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 1999.11
ページ数 162p
大きさ 26cm
ISBN 4895537587
NCID BA44097830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20023652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想