裸の警察

別冊宝島編集部 編

警察署の不祥事が次々に発覚し、批判が集中するにおよんで、実はわれわれは「警察官」の実態について多くを知らないことに気づく。各犯罪捜査の刑事、交通事故処理係、検視官、防犯係…と彼らはさまざまな職務に従事しており、その任務は少なからず「死と隣り合わせの仕事」なのだが、その成功もあり失敗も重ねる仕事の「現場」で起きていることを含め「警察官」の素顔と本音を満載した傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • INTRODUCTION 警察官、そのあまりにも「人間くさい」集団のドラマ!
  • 1 警察官・その生と死(こちら島根県松江警察署、警察の仕事をすべて見せます
  • 「あさま山荘事件」警視庁第二機動隊突入記-狂犬どもの牙城 ほか)
  • 2 刑事の肖像(警視庁捜査一課の辣腕刑事たちは、死体とともに生きる!
  • 警視庁刑事部捜査三課-新宿でドロボーやってます? ほか)
  • 3 捜査の迷宮(警視庁公安部-公安魂は「面識率」にある!
  • 警視庁機動隊-三月二十二日未明、上九一色村出動指令 ほか)
  • 4 警察というカイシャ(警察官の妻たちの道
  • 駆け出し交番巡査奮戦記 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裸の警察
著作者等 別冊宝島編集部
書名ヨミ ハダカ ノ ケイサツ
シリーズ名 宝島社文庫
出版元 宝島社
刊行年月 1999.11
ページ数 445p
大きさ 16cm
ISBN 4796616276
NCID BA44070288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20043475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想