近松

野田寿雄 著

[目次]

  • 目次
  • 人形浄瑠璃 / 2
  • 文楽座の人形芝居 / 2
  • 人形浄瑠璃の歴史 / 4
  • 竹本義太夫 / 13
  • 民衆芸術としての人形浄瑠璃 / 18
  • 近松の生いたち / 21
  • 作者になるまで / 21
  • 世継曽我 / 24
  • 歌舞伎作者として / 28
  • 「世継曽我」以後の浄瑠璃作品 / 32
  • 曽根崎心中 / 36
  • 曽根崎の情死事件 / 36
  • 「曽根崎心中」の内容 / 38
  • 「曽根崎心中」の意義 / 47
  • その後の現代物 / 53
  • 近松の大阪移住 / 53
  • 現代物の発展 / 55
  • 義太夫の死前後 / 66
  • 義太夫と近松 / 66
  • 国性爺合戦 / 69
  • 晩年の傑作 / 74
  • 現代物の渋味 / 74
  • 歴史物の未来 / 80
  • 近松の死 / 84
  • 近松の偉さ / 88
  • 一民衆として / 88
  • 西鶴の時代と近松の時代 / 90
  • 近松の考えた問題 / 93
  • 近松が教えるもの / 99

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近松
著作者等 野田 寿雄
書名ヨミ チカマツ
シリーズ名 国語と文学の教室
出版元 福村書店
刊行年月 昭和31
ページ数 105p
大きさ 19cm
NCID BA44054951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45026324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想