論集島崎藤村

島崎藤村学会 編

島崎藤村の人と文学への多角的なアプローチ!清新な論集、ここに完成。新しい世紀に向かって、本論集に藤村文学から何を学ぶべきかを問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 藤村と西行・芭蕉
  • 藤村と父島崎正樹-『夜明け前』の青山半蔵の形象を中心に
  • 『夜明け前』にみる半蔵の狂と国学思想
  • 藤村とフランス思想
  • 藤村とシェイクスピア
  • 藤村と西洋美術-ピュビス・ド・シャヴァンヌの受容
  • 藤村とゲーテ-『東方の門』をめぐって
  • 藤村と信州
  • 藤村と北村透谷
  • 藤村と樋口一葉〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論集島崎藤村
著作者等 島崎藤村学会
書名ヨミ ロンシュウ シマザキ トウソン
書名別名 Ronshu shimazaki toson
出版元 おうふう
刊行年月 1999.10
ページ数 329p
大きさ 22cm
ISBN 4273031035
NCID BA44052286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想