力と数学のはなし : わかりやすい初等力学入門

鷹尾洋保 著

内容と構成をうまく工夫して力学と数学を同時並行的に説明したらもっと両者がよく理解できるのではないか、と大胆にも考えました。力学を支えている数学は、主として「微分方程式」と「ベクトル」ですが、これらを力学の記述に合わせ、必要な項目だけを取り上げて解説しました。本書を読めば力学も数学も同時に必要最小限の知識が得られます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-力学の流れ
  • 力と数学は二人三脚
  • 力の釣合-静力学
  • 運動の法則
  • 落ちるリンゴ-落下
  • 振動と減衰
  • 仕事とエネルギー
  • 月も落ちる-万有引力
  • 回転
  • 質点系の運動〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力と数学のはなし : わかりやすい初等力学入門
著作者等 鷹尾 洋保
書名ヨミ チカラ ト スウガク ノ ハナシ : ワカリヤスイ ショトウ リキガク ニュウモン
出版元 日科技連出版社
刊行年月 1999.11
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4817124210
NCID BA44051658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20011941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想