感情の科学 : 心理学は感情をどこまで理解できたか

ランドルフ・R.コーネリアス 著 ; 齊藤勇 監訳

本書は、感情の科学を紹介し、現代心理学における感情に関する主要な四理論の視点を解説し、それぞれの中心的な概念と、それに関連する古典的研究と現代の研究を提示します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 科学と日常生活における感情
  • 2 うなる犬、背中をまるめる猫、泣く人間-感情のダーウィン説
  • 3 身体の叫びとささやきに耳を澄ませば-感情のジェームズ説
  • 4 感じるということは考えるということ-感情の認知説
  • 5 感情と日常生活の駆け引き-感情の社会的構築主義説
  • 6 象に触っている4人-四つの感情説の比較
  • 7 非科学的なあとがき-感情とあなた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感情の科学 : 心理学は感情をどこまで理解できたか
著作者等 Cornelius, Randolph R
斉藤 勇
コーネリアス ランドルフ・ランディ
書名ヨミ カンジョウ ノ カガク : シンリガク ワ カンジョウ オ ドコ マデ リカイデキタカ
書名別名 The science of emotion

Kanjo no kagaku
出版元 誠信書房
刊行年月 1999.11
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4414302897
NCID BA44043820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20019720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想