光工学入門

新井敏弘, 平井正光 著

量子力学の発展に伴う光の本性の見直しやレーザーの発明によって、光は波動としての特性を十分に示すようになり、量子光学としての扱いを受ける一面をもつとともに、量子エレクトロニクス技術として、さらにエネルギー密度の大きさをも利用した応用にも用いられるようになり、科学技術として広大な利用分野をもつに至っている。さらに現在もその活用分野はますます広がりつつある。このような背景を考えるとともに、中学や高校で光学の授業が十分に行われていない実情をも考えて、本書の発刊を思いたった。したがって、できるだけ平易で親しみやすく、しかも本質を失うことのない記述を心がけてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 光の伝わり方
  • 光の波の重ね合わせ(干渉)
  • 光の回り込み(回折)
  • 平らな境界面での反射と屈折
  • 光のエネルギー、モーメント、モードおよび強度計測
  • マイクロ光学素子
  • レーザー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光工学入門
著作者等 平井 正光
新井 敏弘
書名ヨミ ヒカリ コウガク ニュウモン
出版元 講談社
刊行年月 1999.11
ページ数 134p
大きさ 21cm
ISBN 4061532391
NCID BA44019735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20014218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想