切支丹宗門の迫害と潜伏

姉崎正治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 島原亂平定後の宗門根絕 / 1
  • 一、キリシタン禁制と宗門改役 / 1
  • 二、殘留及潜入バテレンの處分と運命 / 9
  • 三、宗門改の方法と處分の寬嚴 / 17
  • 四、表面の根絕と裏面の潜伏 / 26
  • 五、邪宗門の罪狀と宗門者の精神狀態 / 31
  • 第二章 契利斯督記と耶蘇敎叢書 / 39
  • 北條安房守宗門改記錄と寬政沒收敎書 / 39
  • 第三章 宗門の傳播と宗門者の召捕 / 51
  • 一、吉利支丹宗旨廣まり候筋(宗門改記錄第八文書) / 52
  • 二、吉利支丹出で申す國所の覺(宗門改記錄第九文書) / 54
  • 第四章 宗門糺明の栞 / 67
  • 一、井上筑後守と宗門糺明の思想內容 / 67
  • 二、バテレン根絕始末(宗門改記錄第十文書) / 75
  • 三、宗門穿鑿式(宗門改記錄第五文書) / 80
  • 四、宗門穿鑿心持の事(宗門改記錄第七文書) / 86
  • 五、宗門糺明の論點 筑後守、伴天連之不審を掛け、申詰めころばせ候論議(宗門改記錄第十一文書) / 92
  • 六、バテレンの白狀 筑後守、伴天連宗門の者共に白狀させ、書付指上げさせ候條々(宗門改記錄第十二文書) / 97
  • 七、宗門大要(宗門改記錄下卷) / 105
  • 第五章 マルチリヨの栞 / 131
  • 一、總說解題 / 131
  • 二、マルチリヨの鑑 / 140
  • ビル前アナスタジヤ御作業 / 140
  • ビル前サンタカテレナの御作業 / 148
  • サンタマリナの御作業(省略) / 167
  • 聖女カタリナの話之事 / 168
  • 三、マルチリヨの勸め / 173
  • 第一、Cの上にヘルセギサンある樣にD計ひ玉ふ仔細の事 / 173
  • 第二、Cに障碍を成す人の上に御罸の顯れざる仔細の事 / 182
  • 第三、Dを陳じ奉る事は如何程の重罪ぞといふ事 / 189
  • 第四、ヒイデスに屆く事は如何程の面目亦深き功德ぞといふ事 / 206
  • 第五、Dに對し奉て命を捧げ、丸血留になる事は、如何程の位ぞといふ事 / 211
  • 第六、丸血留の覺悟の事 / 222
  • 四、マルチリヨの心得 / 229
  • Cの宗門の上に妨ある時分、ヒイデスに付てなすべき心持を敎る事 / 229
  • 第一、諸のCヒイデスを堅固に保つべき事 / 230
  • 第二、ヒイデスを背き科となるべき所作は何れぞといふ事、並に何たる科に依りヒイデスを失ふぞといふ事 / 230
  • 第三、ヒイデスを背かずしてなすこと叶ふ條々の事 / 232
  • 第四、丸血留になる程の難儀出て來るに於ては如何にすべきぞといふ事 / 234
  • 第六章 寬文年間の豐後宗門召捕 / 241
  • 一、迫害の更新と召捕預書及宗門者親類書 / 241
  • 二、召捕の統計的觀察 / 257
  • 三、召捕宗門者の親類關係と個人の運命 / 281
  • 第七章 潜伏のキリシタン宗門 / 291
  • 一、潜伏宗門徒に對する當局有司 / 291
  • 二、潜伏宗門徒の苦心とその生活狀態 / 306
  • 三、明治初年の迫害、三千餘人の流離 / 332
  • 附篇
  • 迫害の心理 / 345

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 切支丹宗門の迫害と潜伏
著作者等 伊崎 公徳
姉崎 正治
書名ヨミ キリシタン シュウモン ノ ハクガイ ト センプク
書名別名 Kirishitan shumon no hakugai to senpuku
出版元 同文館
刊行年月 1925
版表示 訂4版
ページ数 390p 図版 表 地図
大きさ 23cm
NCID BA36518795
BA4399620X
BA67484530
BA68225797
BN04763757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50005194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想