臓器移植 : 生命重視型社会の実現のために

野本亀久雄 著

脳死・臓器移植その舞台裏のすべて。なぜ臓器移植は必要なのか!臓器移植法成立の中心人物であり日本移植学会理事長の著者が脳死臓器移植の真相を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 やっと始まった臓器移植(「脳死判定」をどう理解すればいいのか
  • 欧米と違う日本のボランティア精神 ほか)
  • 第2章 臓器移植はどう変遷してきたか(なぜ日本で臓器移植が遅れたのか
  • 米国では大統領令だった「脳死は人の死」 ほか)
  • 第3章 臓器移植法とその問題点(脳死と心臓死という「二つの死」になった
  • 遺体を大切にする日本人の習慣が表れた ほか)
  • 第4章 生命重視型社会の構築に向けて(高齢者を社会の主役にする社会構造改革
  • いまは患者も医療側も悪いもたれ合いだ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臓器移植 : 生命重視型社会の実現のために
著作者等 野本 亀久雄
書名ヨミ ゾウキ イショク : セイメイ ジュウシガタ シャカイ ノ ジツゲン ノ タメニ
書名別名 Zoki ishoku
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1999.10
ページ数 202p
大きさ 20cm
ISBN 4478860270
NCID BA43936875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20011857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想