歴史の哲学 : 現代の思想的状況

渡邊二郎 著

現代は大きな歴史的転換期にある。定かには見通しえぬ未来へと進む私たちにとって、歴史とは何か?そして私たちは、いかに歴史と関わり、いかに歴史の中を生きるべきか?マルクス、ウェーバー、ディルタイ、ヤスパース等々、近現代の主要な歴史哲学をたどりつつあるべき歴史意識を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史の問題点
  • ベルンハイムの見解の検討
  • 現在の立場に立脚する歴史
  • レーヴィットの見解
  • ヘーゲルの歴史観
  • マルクスの唯物史観
  • ウェーバーの社会主義批判
  • ウェーバーとマルクス
  • ディルタイと新カント学派
  • 歴史における普遍と特殊的個別〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の哲学 : 現代の思想的状況
著作者等 渡辺 二郎
書名ヨミ レキシ ノ テツガク : ゲンダイ ノ シソウテキ ジョウキョウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.11
ページ数 432p
大きさ 15cm
ISBN 4061594060
NCID BA43931918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20019655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想