古代学の展開

上田正昭 著

古代史学から、古代学へ。史実を追究する学問のひろがり。折口信夫が使った「古代学」という言葉は、多くの先学によって綜合的な学問へと方向づけられた。古代の歴史と文化の実像を探る学究のあゆみをたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 喜田史学の軌跡(学問と思想
  • 平民学者のいぶき ほか)
  • 2 折口古代学の精神(折口信夫の学問
  • まれびと論の再検討 ほか)
  • 3 先学の史脈(津田史学の成果と課題
  • 文化史学の課題 ほか)
  • 4 古代学でまじわり(古代東アジア史のなかで
  • 松本清張の歴史観 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代学の展開
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ コダイガク ノ テンカイ
シリーズ名 上田正昭著作集 / 上田正昭 著 第8巻
出版元 角川書店
刊行年月 1999.11
ページ数 428, 13p
大きさ 22cm
ISBN 404522808X
NCID BA4390100X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20016090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想