京極夏彦の世界

永瀬唯 ほか著

幾重にも張りめぐらされた蜘蛛の糸のように、複雑にからみ合った要素が織り成す京極夏彦の世界…。ペダンチックとも称されるその世界をより精緻に浮かび上がらせるために、気鋭の論者が多角的な視点から縦糸・横糸を解きほぐし、京極作品に迫る。ミステリ論、陰陽師小説論、怪談小説論、宗教性、心理学、ジェンダー論、サイバーパンクなどの視点から見えてきた「匣の意味」「みどりなす長き黒髪の女たちの意味」「京極堂と探偵榎木津の関係性」とは…。京極夏彦の世界を読み解き、ほの暗い深奥に足を踏み入れるための道しるべ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伽藍と呪術師-「ことばの城壊れよ」と探偵は言った
  • 視覚と言語との分裂-中禅寺と榎木津のペア原理について
  • ジェンダー・スタディーズの視点から読む京極ワールド-『姑獲鳥の夏』『絡新婦の理』を中心に
  • 「精神分析」の呪縛-『狂骨の夢』批判的読解
  • 匣と陰陽師
  • 死の系譜-みどりなす長き黒髪の女たち
  • あやつりの宴-京極ミステリーのマニエリスム
  • 京極夏彦論・再説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京極夏彦の世界
著作者等 永瀬 唯
川崎 賢子
斎藤 環
東 雅夫
野崎 六助
高遠 弘美
鷹城 宏
永原 孝道
書名ヨミ キョウゴク ナツヒコ ノ セカイ
書名別名 Kyogoku natsuhiko no sekai
シリーズ名 寺子屋ブックス 4
出版元 青弓社
刊行年月 1999.9
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4787291351
NCID BA43875748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想