地域研究の問題と方法 : 社会文化生態力学の試み

立本成文 著

地域研究は、諸科学の再編成を促す活性剤でなければならない。社会文化生態力学(生態環境・社会制度・文化象徴を有機的に関係づける認識論)と、臨地研究法(地域にもぐり込み・周辺を流離し・高く飛び立ち俯瞰する方法論)をひっさげ、学際的研究を越えた地域研究のあり方を、体系的に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 起-地域研究を見直す(地域研究のあり方)
  • 第2部 承-地域研究を考える(「世界」としての単位
  • 時間と歴史
  • 臨地研究法
  • 規程となる世界観の捉え方)
  • 第3部 転-東南アジアを捉える(地域研究への道程
  • マレー世界
  • 海域世界
  • 文化の多様性-異相と多義)
  • 第4部 結-地域研究に期待する(わける・つなぐ・くくる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域研究の問題と方法 : 社会文化生態力学の試み
著作者等 立本 成文
書名ヨミ チイキ ケンキュウ ノ モンダイ ト ホウホウ : シャカイ ブンカ セイタイ リキガク ノ ココロミ
書名別名 Chiiki kenkyu no mondai to hoho
シリーズ名 地域研究叢書 3
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 1999.11
版表示 増補改訂.
ページ数 388p
大きさ 23cm
ISBN 4876980845
NCID BA43816068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想