有機磁性材料の基礎 : 普及版

岩村秀 監修

シーエムシーでは、新化学発展協会における有機磁性材料調査研究会がまとめた中間報告書をもとに、新たに分子設計の章を追加、各執筆者による加筆などの再編集を行い、有機磁性材料の理論、分子設計、合成、評価、応用についての研究動向をまとめ1991年10月、『有機磁性材料』を刊行したが、このたび普及版として発行される運びとなった。同材料に対する研究開発のより深い認識と今後の可能性を探るための参考書として利用できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 有機磁性材料の理論および分子設計(高スピン有機分子からのアプローチ
  • 分子間でスピンを揃えるアプローチ ほか)
  • 測定および評価(ESRスペクトル
  • 磁化および磁化率 ほか)
  • 有機磁性材料の研究状況(有機磁性体研究の推移
  • 有機ラジカル ほか)
  • 分子性・有機磁性体の応用展望(はじめに-基礎研究における新しい学際領域の誕生
  • 次世代テクノロジーとしての分子性・有機磁性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有機磁性材料の基礎 : 普及版
著作者等 岩村 秀
書名ヨミ ユウキ ジセイ ザイリョウ ノ キソ : フキュウバン
書名別名 Yuki jisei zairyo no kiso
シリーズ名 CMC books
出版元 シーエムシー
刊行年月 1999.10
版表示 普及版
ページ数 169p
大きさ 21cm
ISBN 4882310430
NCID BA43744648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想